toggle
2018-10-06

プロバンスの夏のピストゥパスタ

 

プロヴァンスは日照時間が長く、一年中太陽が眩しい感じがします。

この太陽のおかげでしょうか、野菜の味も凝縮され香りもとてもいい。

こんな野菜だからこそ、シンプルな食べ方のほうが美味しいのかもしれません。

夏、といえばトマト。トマトが美味しい季節にプロヴァンスの人たちがよく食べている、簡単なパスタをご紹介します。

材料はトマト、バジル、ニンニク、松の実、オリーブオイル、ミント、そしてお好みのパスタです。

 

作り方 二人分

<まず、のピストゥソースを作る>

1.ミニトマトには(10個からの12個)お尻のところに十字を軽く入れ、湯引いて皮を剥き、小さく切っておく。

2.ニンニク1/2かけとフレッシュなバジルの葉(適量)みじん切り。

3.松の実10gはすり鉢などで砕いておく。

4.3のすり鉢に1.2を入れて混ぜ自然塩を加える。

5.オリーブオイルを加えて混ぜてソースの出来上がり。

<パスタを茹でる>

*沸かしたたっぷりの水に、少し多めの塩、そしてオリーブオイルを少々垂らしパスタをアルデンテに茹でる。

*パスタをボウルに盛り、パスタの茹で汁を少し加える。

5のソースをかけ、ミントの葉っぱを散らして出来上がり。

ミントの葉っぱがパスタを爽やかにしてくれます。

 

器は中里花子のアーモンドの形をしたボウルに盛りました。

実はプロヴァンスではたくさんのアーモンドが取れます。

松の実の代わりにアーモンド(皮なし)を使っても良いと思います。

オリーブオイルはアグランドーを使いました。

トマトの香りにはこのオイルがぴったりです。

 

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です