toggle
2018-12-05

中里花子の高脚のうつわ

 

うつわは気がつけばどんどんと増えてきて、時々収納に困ることがあります。

「重ねられるうつわ」が重宝され、器にも合理性が求められるこの頃。

時短を声高に、慌ただしくバタバタと目の前を通り過ぎていく人たち。

そういう人たちを見ながら、つい早歩きになってしまう自分。

でも、こういう世の中だからこそ凸凹の器や背が高い器、所謂、収納に困るうつわが愛おしくなります。

脚付きの器は大昔から日本には存在していて、特別な日に使われていたようです。

脚がつくとなんだかフォーマルな雰囲気になります。

そしてテーブルに並べたときにリズム感が出ます。

ご紹介する器は中里花子の緑青磁の高脚皿です。

使っていくうちに貫入が少しづつ育って行き、それも楽しみの1つです。

この器にはアラブ料理のフムスを盛りました。

 

フムスのレシピはこちらでご紹介しています。

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です