toggle
2019-01-16

粉引の楽しみ

粉引小鉢にお浸し

高麗時代に朝鮮半島では青磁が盛んに焼かれていたそうですが、王朝がだんだんと弱体化していき、官窯で働いていた陶工たちが各地へ拡散していきました。

こうして青磁は衰退していきますが、その後に時代の流れとともに、『粉青沙器』と呼ばれる新たな陶器が出てきました。

『粉青沙器』は白色の化粧土を主体としていて、代表的なものに粉引や三島などがあります。

官窯白磁の少し質が落ちる土が使われたそうですが、日本では『李朝の粉引』というと、趣がある器としてとても茶人に好まれたそうです。

 

粉引の魅力は何と言っても表情の豊かさでしょうか。

粉引は長い年月とともに、少しずつ、少しずつ変化していきます。

例えば唐津の粉引は褐色の胎土に白化粧土を施し、透明釉をかけて焼きます。

それぞれの土や釉薬の収縮率が違うことにより、焼成すると貫入という小さなヒビが入ります。

この貫入の中に水が浸透して器の表情が変化していきます。

茶人たちはこれを趣がある風情として『雨漏り』と呼んでいます。

これは日本人独特の感覚なのかもしれません。

 

写真の器は中里隆の粉引小鉢です。

日々の暮らしの中で、小さな素敵な発見がありますように。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です