toggle
2019-04-04

ウルイと車海老の辛子味噌和え

 

絹の衣を纏ったようにして、柔らかい若葉を恥ずかしそうに擡げたウルイ。

春の訪れをしずかに感じ、ひっそり喜んでいるのでしょうか。

うるいはネギのような香りがあって、シャキシャキとした歯ざわりがあります。

うるいと海老の辛子味噌和えで、春を愉しみます。

<玉味噌を作る>

  1. 白味噌150gに卵の黄身1個、お水、お酒を少々入れて伸ばしておく。
  2. 1の鍋を湯せんにかけて、10分ほどねる(固めに作る)

作り方:

  1. 海老は頭と背ワタを取り、足も取る。
  2. 海老の腹側に竹串を刺しまっすぐにする
  3. 鍋にお湯を沸かし、塩を入れ、海老を2分ほど茹でてざるに上げておく。
  4. 海老が冷めたら殻を取り、食べやすい大きさに切っておく。
  5. 別鍋にお湯を沸かし、塩を入れ、ウルイをさっと茹でる。
  6. ウルイは水気を取り、食べやすい大きさに切っておく。
  7. すり鉢に玉味噌、酢、薄口醤油、溶き辛子を入れてよく混ぜる
  8. 7に、海老とウルイを入れて和える。

 

器は土屋由起子さんの灰釉皿を使いました。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です