toggle
2019-11-15

粉引小鉢

シメジ、ほうれん草、菊のお浸し

内側が粉引、外側は焼締の小鉢

粉引の部分は土の中の鉄分が斑点となって現れ、それがうつわの景色になっています。

こちらは唐津焼の中里隆の粉引小鉢です。

小鉢にはしめじとほうれん草、そして紫色の菊を入れたお浸しを盛りました。

 

材料:ほうれん草、しめじ1/2パック、食用菊7から8個

出汁、薄口醤油、辛子少々

作り方:

  • たっぷりのお湯を沸かし、ほうれん草を少しずつ、柔らかくなりすぎないように茹でる。
  • 茹で上がったら水にさらす。
  • 晒したら、長さを整え水気を絞り、3cmくらいの長さに切りそろえておく。
  • シメジは石づきを取り、食べやすい大きさに小分けして出汁で煮る。
  • *シメジはあまり小さく分けない。
  • 食用キクは花弁を取りボウルに入れておく。
  • 鍋にお湯を沸かし、酢を垂らし、キクをさっと茹でて水にさらす
  • キクの水気もとっておく。
  • ボウルに出汁80ccほどを入れ、カラシを溶かす。
  • 薄口醤油を加え味を整える
  • そこへほうれん草、シメジ、キクを加え和える。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です